SiteMap

墓じまいするには

墓じまいをこれからしていこうと思っている人はいるでしょう。そのような人は墓じまいをするために何をしていけば良いのでしょうか。
まずは、墓じまいをするためには墓石を撤去してもらうための業者を決めていかなくてはなりません。最近では墓じまいをする人はかなり増えてきているので、墓じまいをする業者というのはかなり増えてきているのです。墓じまいの需要というのは年々増えているので、それだけ墓じまいをしている人は増えているということがいえます。やはり少子高齢化で墓を守っていく人がいなく無くってから、仕方なく墓じまいをしなければならなくなったということはあるのです。だから、墓じまいをするのは現代では仕方のないことになってきているのです。
次に、墓じまいの業者が決まったら、墓じまいをするためにどれくらいのお金がかかるのか見積もりをしてもらうのが良いでしょう。最近では見積もりをしてもらうことを軽視している人がいるのですが、見積もりをしてもらうことが墓の撤去にはどれくらいのお金がかかるのかはっきりわかるので、見積もりを取ることは重要なのです。そして実際に墓を撤去してもらうという流れになるのです。ここまでの流れをきちんと把握しておくべきでしょう。

墓じまいの基礎知識

先祖代々のお墓は守りたいけど、後を継ぐ者がいない、子どもはいるが、離れて暮らしているので、子どもに負担をかけたくない。様々な理由でお墓じまいを考えていらしゃる方が多い昨今、ではお墓じまいってどうすればいいの?費用は?と疑問を持っている方へ。
まず、お墓の持ち主である事が条件です。お墓も一つの財産ですので、永代使用権はお寺でも霊園でも必ず使用者としての登録がありますので、もし、使用者の方がご主人で、奥様が行動に移すとしても持ち主の承諾を必ず得ていることが必須です。又、霊園でも檀家となっている寺でもお墓の撤去費用は自己負担となり、お墓の大きさによって異なります。
お寺の場合は墓じまいに対して難色を示す場合もあり、離壇料として法外な金額を伝えてくる場合もありますので、支払うにしても相場を知っておきましょう。基本は支払う必要はないのですが、今までお世話になりましたという気持で、ある意味お布施ですので、決まりなどはありません。ただあえての金額の相場をいえば、10万~20万程度です。遺骨を出すには必ず、お墓の管理責任者の許可印が必要なので、知っておきましょう。
お墓に仏様が眠っている場合は必ず閉眼供養をし、墓じまいをします。その際のお経料は別途必要です。費用と共に、墓じまいをするにも親戚などにきちんと説明をして、準備に入りましょう。

墓じまいは作業的には

墓が負担になってしまっているのであればまずは墓じまいを検討するとよいでしょう。墓じまいといいますとどうしてもすべて処分してしまう、というイメージがあるのですが、少なくともそうではないことも多いのです。それはつまりは、永代供養をする、ということです。
墓じまいで墓はなくなり、その場には埋葬をすることがなくなりますが、それでも別のところに移す、ということはあるのです。しかし、それではどうしても墓じまいとは言いがたいのでは、と思うかもしれませんが永代供養ができているのであればそれで問題ない、ということになるでしょう。ですから、墓じまいというのは負担になっているのであればやってみる価値があるといえるでしょう。
そして、これらは作業的には意外と手間がかかることが多いです。何故かといいますとまず役所に許可を得る必要性があるからです。具体的には改葬の手続きが必要になります。つまりは、次はどこに埋葬するのか、ということを事前に決めていることが必須になっています。そこがやや面倒なことではありますが、だからこそ行政書士などに代理でやってもらう、ということができるようにもなっています。そうしたことも検討してみるとよいでしょう。

時代の流れに合ってきた『墓じまい』

近年は少子高齢化で子供が少なくなってきたり、生涯未婚の人も増えてきたため、お墓の後継ぎが居ないという問題が増えつつあります。またお墓の後継ぎはいるにしても、お墓がある場所が遠い地方のため、なかなかお墓参りができず、お墓の手入れが出来なくなってしまうこともあるそうです。そんな中、近頃耳にするようになった言葉が『墓じまい』です。墓じまい自体はそれこそ昭和時代からあるのですが、ここ最近のテレビ番組でようやく話題になってきたと言えるかもしれません。 そもそも墓じまいとは何かと言えば、お墓を終わらせることです。あくまで一例の手順ですが、お坊さんに再度お墓に眠る先祖を供養してもらってから、業者に頼んでお墓を撤去してもらいます。費用も何十万円とそれなりにかかりますが、後継ぎの心配をする必要がなくなるので、墓じまいをする方々も安心するでしょう。 一昔前であれば、お墓の後継ぎに関して考えたとき、その選択肢の中に『墓じまい』はあまり出てこなかったのではないでしょうか。しかし最近ではメディアにも取り上げられるようになったことから、世の中の人々が『墓じまい』に注目しつつあると考えられます。 代々の先祖が眠るお墓を撤去するのは心苦しいかもしれません。ですがお墓の後継ぎがいないことで悩むのであれば、墓じまいを選択肢に入れてみても良いかもしれませんね。

墓じまいの意味やその方法とは?

「墓じまい」という言葉を知っていますか?お墓とは一族が代々受け継いでいくものというのが一般的ですが、実は近年その受け継ぐ人間がいなくなってきているのです。その場合、お墓はどうすればいいのかというと、墓守をする継承者がいなくなったお墓は「墓じまい」と呼ばれる手続きをする必要があるのです。墓じまいとは無縁墓として撤去処理され無縁仏として処分されてしまうことを防ぐ意味があるのです。墓じまいをするにはまず墓地の管理者に墓じまいをしたい胸を報告し、了承を得ます。そして遺骨を取り出すため、お墓の建て替えなどで行われる「抜魂式」を行います。この一連の動作を「閉眼法要」と呼びます。その後、墓があった場所を更地に戻し、墓じまいは完了です。ではお墓に入れてあった遺骨はどうするのかというと、自宅で管理される方がいるほか、公営墓地への合祀、海などへの散骨、永代供養などの方法があります。これらの中では管理することが困難な方が増えているため、散骨や永代供養をされる方が多いようです。代々続いたお墓を墓じまいするというのは少しご先祖様に心苦しいこともあるでしょう。しかし、金銭・宗教的な問題だったり、ライフスタイルとの兼ね合いだったりしてどうしても難しいとう事例も増えてきています。悩む前に、墓じまいの専門業者へ相談してみることをおすすめします。専門の業者なら安心して任せられるでしょう。ぜひ墓じまいの際には相談することを検討してみてください。


墓じまいに関する相談は「美匠」
準備から実際に墓じまいをするまでの流れなど、なかなかわかりにくいものもきちんと説明した上でサポートしてくれます。丁寧な墓じまいを心掛けたいならぜひこちらにご相談ください。

Update Post